Home > 原動機及び電気 > H19前期-問29

H19前期-問29

感電災害に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:感電災害は、人体を流れる電流の大きさにより危険度が決まり、通電時間は影響しない。

2:感電災害には、高圧の配電線に近づいた場合に放電により発生するものがある。

3:作業箇所付近の活線は、絶縁シートや絶縁管などで防護する。

4:ゴム手袋やゴム底の靴を着用すると感電の危険が軽減される。

5:感電により意識不明になっている場合は、その状況に応じ、すみやかに人工呼吸や心臓マッサージなどの処置を施す。

答:1

1:誤り。感電災害では、電流の大きさと通電時間が最も人体に影響する。

2:正しい。感電災害には、高圧の配電線に近づいた場合に放電により発生するものがある。

3:正しい。作業箇所付近の活線は、絶縁シートや絶縁管などで防護する。

4:正しい。ゴム手袋やゴム底の靴を着用すると感電の危険が軽減される。

5:正しい。感電により意識不明になっている場合は、その状況に応じ、すみやかに人工呼吸や心臓マッサージなどの処置を施す。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H19前期-問29

Page Top

© 2011-2018 過去問.com