Home > クレーン及びデリック > R3後期-問9

R3後期-問9

デリックの取扱いに関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:ブレーキ、クラッチ、警報装置などの機能を確認するためのならし運転は、無負荷で行う。

2:ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、ブレーキに歯止め又は止め金を掛け、クラッチを外し、スイッチを切って送電を待つ。

3:ドラムに巻き取るワイヤロープが乱巻きになり始めた場合は、あわてて巻き戻すと乱巻きが更に進んでしまうので、一旦巻き重ねた上で、巻き戻すときにフリートアングルを調整する。

4:構造上、巻過防止装置を備えることができないデリックでは、巻過ぎを防止するため、巻上げ用ワイヤロープに目印を付け、目印に注意して運転する。

5:つり荷から玉掛け用ワイヤロープを引き抜く際、デリックの巻上げ動作で引き抜くと、ワイヤロープが荷に引っ掛かり、荷崩れを引き起こすおそれがあるので、巻上げ動作でワイヤロープを引き抜いてはならない。

答:3

1:正しい。ブレーキ、クラッチ、警報装置などの機能を確認するためのならし運転は、無負荷で行う。

2:正しい。ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、ブレーキに歯止め又は止め金を掛け、クラッチを外し、スイッチを切って送電を待つ。

3:誤り。ワイヤロープが乱巻きになったまま巻重ねていくと、ワイヤロープが痛むだけでなく、ワイヤロープが急に崩れて大きな事故を起こすことになる。

4:正しい。構造上、巻過防止装置を備えることができないデリックでは、巻過ぎを防止するため、巻上げ用ワイヤロープに目印を付け、目印に注意して運転する。

5:正しい。つり荷から玉掛け用ワイヤロープを引き抜く際、デリックの巻上げ動作で引き抜くと、ワイヤロープが荷に引っ掛かり、荷崩れを引き起こすおそれがあるので、巻上げ動作でワイヤロープを引き抜いてはならない。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > R3後期-問9

Page Top

© 2011-2022 過去問.com