Home > クレーン及びデリック > R3後期-問8

R3後期-問8

デリックの種類及び型式に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:スチフレッグデリックは、1本の直立したマストを通常135°に開いた2本のガイロープにより後方から支えるもので、ブームはマストより短いものが多く、旋回角度は通常240°が限度である。

2:ガイデリックは、1本の直立したマストを6本以上のガイロープにより支えるもので、ブームはガイロープをくぐるようにして360°まで旋回する。

3:鳥居形デリックは、2本の直立したマストを2本のステーにより後方から支えるもので、旋回角度はステーにより制限され、通常は180°が限度である。

4:ジンポールデリックは、1本の直立したマストを2本のガイロープにより後方から支えるもので、旋回角度は、通常180°が限度である。

5:二又デリックは、下端が互いに交差する2本のマストを2本以上のガイロープにより後方から支えるもので、旋回は120°まで可能である。

答:2

1:誤り。スチフレッグデリックは、1本の直立したマストを通常90°に開いた2本のステーにより後方から支えるもので、旋回角度は通常240°が限度である。

2:正しい。ガイデリックは、1本の直立したマストを6本以上のガイロープにより支えるもので、ブームはガイロープをくぐるようにして360°まで旋回する。

3:誤り。鳥居形デリックは、2本のマストとその上端を結ぶ横ばりをガイロープにより後方から支えるもので、通常、数個のつり具の組合せにより荷の巻上げ及び巻下げを行う。旋回はできない。

4:誤り。ジンポールデリックは、1本のマストを3本以上のガイロープにより支えるもので、旋回はできない。

5:誤り。二又デリックは、上端が互いに交差する2本のマストを2本以上のガイロープにより支えるもので、交差部に巻上げ用ワイヤロープが取り付けられる。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > R3後期-問8

Page Top

© 2011-2022 過去問.com