Home > 力学 > R2後期-問33

R2後期-問33

物体の質量及び比重に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:鋼1m3の質量は約7.8tで、銅1m3の質量は約8.9tである。

2:形状が立方体で均質な材質でできている物体では、縦、横、高さ各辺の長さが2分の1になると質量は4分の1になる。

3:アルミニウム、鋼、鉛及び木材を比重の大きい順に並べると、「鉛、鋼、アルミニウム、木材」となる。

4:物体の体積をV、その単位体積当たりの質量をdとすれば、その物体の質量Wは、W=V×dで求められる。

5:ある物体の置かれている土地の標高が異なっても、その物体の質量は変わらない。

答:2

1:正しい。鋼1m3の質量は約7.8tで、銅1m3の質量は約8.9tである。

2:誤り。形状が立方体で均質な材質でできている物体では、縦、横、高さ各辺の長さが2分の1になると質量は8分の1になる。

3:正しい。アルミニウム、鋼、鉛及び木材を比重の大きい順に並べると、「鉛、鋼、アルミニウム、木材」となる。

4:正しい。物体の体積をV、その単位体積当たりの質量をdとすれば、その物体の質量Wは、W=V×dで求められる。

5:正しい。ある物体の置かれている土地の標高が異なっても、その物体の質量は変わらない。

スポンサーリンク

Home > 力学 > R2後期-問33

Page Top

© 2011-2021 過去問.com