Home > 関係法令 > H31前期-問16

H31前期-問16

つり上げ荷重10tの転倒するおそれのあるクレーンの検査に関する記述として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:クレーン検査証の有効期間をこえて使用を休止したクレーンを再び使用しようとする者は、使用再開検査を受けなければならない。

2:性能検査においては、クレーンの各部分の構造及び機能について点検を行うほか、荷重試験を行うものとする。

3:使用再開検査における安定度試験は、定格荷重の1.27倍に相当する荷重の荷をつって、逸走防止装置を作用させ、安定に関し最も不利な条件で地切りすることにより行うものとする。

4:所轄労働基準監督署長は、変更検査のために必要があると認めるときは、当該検査に係るクレーンについて、当該検査を受ける者に塗装の一部をはがすことを命ずることができる。

5:所轄労働基準監督署長は、変更検査に合格したクレーンについて、当該クレーン検査証に検査期日、変更部分及び検査結果について裏書を行うものとする。

答:3

1:正しい。クレーン検査証の有効期間をこえて使用を休止したクレーンを再び使用しようとする者は、使用再開検査を受けなければならない。

2:正しい。性能検査においては、クレーンの各部分の構造及び機能について点検を行うほか、荷重試験を行うものとする。

3:誤り。使用再開検査における安定度試験は、定格荷重の1.27倍に相当する荷重の荷をつって、当該クレーンの安定に関し最も不利な条件で地切りすることにより行う。この場合において、逸走防止装置、レールクランプ等の装置は作用させない。

4:正しい。所轄労働基準監督署長は、変更検査のために必要があると認めるときは、当該検査に係るクレーンについて、当該検査を受ける者に塗装の一部をはがすことを命ずることができる。

5:正しい。所轄労働基準監督署長は、変更検査に合格したクレーンについて、当該クレーン検査証に検査期日、変更部分及び検査結果について裏書を行うものとする。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H31前期-問16

Page Top

© 2011-2020 過去問.com