Home > 関係法令 > H31前期-問15

H31前期-問15

クレーンの定期自主検査及び点検に関する記述として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:1年以内ごとに1回行う定期自主検査においては、原則として、定格荷重に相当する荷重の荷をつって行う荷重試験を実施しなければならない。

2:1か月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、フック、グラブバケット等のつり具の損傷の有無について検査を行わなければならない。

3:作業開始前の点検においては、ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態について点検を行わなければならない。

4:定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

5:1年以内ごとに1回行う定期自主検査の結果の記録は3年間保存し、1か月以内ごとに1回行う定期自主検査の結果の記録は1年間保存しなければならない。

答:5

1:正しい。1年以内ごとに1回行う定期自主検査においては、原則として、定格荷重に相当する荷重の荷をつって行う荷重試験を実施しなければならない。

2:正しい。1か月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、フック、グラブバケット等のつり具の損傷の有無について検査を行わなければならない。

3:正しい。作業開始前の点検においては、ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態について点検を行わなければならない。

4:正しい。定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

5:誤り。1年以内ごとに1回行う定期自主検査及び1か月以内ごとに1回行う定期自主検査の結果の記録は3年間保存しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H31前期-問15

Page Top

© 2011-2020 過去問.com