Home > 関係法令 > H31前期-問12

H31前期-問12

次のうち、法令上、クレーンの玉掛用具として使用禁止とされていないものはどれか。

1:ワイヤロープ1よりの間で素線(フィラ線を除く。以下同じ。)の数の9%の素線が切断したワイヤロープ

2:直径の減少が公称径の8%のワイヤロープ

3:リンクの断面の直径の減少が、製造されたときの当該直径の11%のつりチェーン

4:使用する際の安全係数が5となるワイヤロープ

5:伸びが製造されたときの長さの6%のつりチェーン

答:1

1:正しい。ワイヤロープ1よりの間において素線(フイラ線を除く。以下同じ。)の数の10%以上の素線が切断しているワイヤロープを、クレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛用具として使用してはならない。

2:誤り。直径の減少が公称径の7%をこえるワイヤロープを、クレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛用具として使用してはならない。

3:誤り。リンクの断面の直径の減少が、製造されたときの当該直径の10%をこえるつりチェーンを、クレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛用具として使用してはならない。

4:誤り。クレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛用具であるワイヤロープの安全係数については、6以上でなければ使用してはならない。

5:誤り。伸びが製造されたときの長さの5%をこえるつりチェーンを、クレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛用具として使用してはならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H31前期-問12

Page Top

© 2011-2020 過去問.com