Home > 原動機及び電気 > H30後期-問30

H30後期-問30

感電災害及びその防止に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:接地線には、できるだけ電気抵抗の大きな電線を使った方が丈夫であり、安全である。

2:接地は、漏電している電気機器のフレームなどに人が接触したとき、感電の危険を小さくする効果がある。

3:電気火傷は、アークなどの高熱による熱傷のほか、電流通過によるジュール熱によって皮膚や内部組織に傷害を起こす。

4:感電による人体への影響の程度は、電流の大きさ、通電時間、電流の種類及び体質などの条件により異なる。

5:感電による危険を電流と時間の積によって評価する場合、一般に、50ミリアンペア秒が安全限界とされている。

答:1

1:誤り。接地抵抗は小さいほど良いので、接地線は十分な太さのものを使用する必要がある。

2:正しい。接地は、漏電している電気機器のフレームなどに人が接触したとき、感電の危険を小さくする効果がある。

3:正しい。電気火傷は、アークなどの高熱による熱傷のほか、電流通過によるジュール熱によって皮膚や内部組織に傷害を起こす。

4:正しい。感電による人体への影響の程度は、電流の大きさ、通電時間、電流の種類及び体質などの条件により異なる。

5:正しい。感電による危険を電流と時間の積によって評価する場合、一般に、50ミリアンペア秒が安全限界とされている。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H30後期-問30

Page Top

© 2011-2020 過去問.com