Home > 関係法令 > H30後期-問17

H30後期-問17

クレーン・デリック運転士免許及び免許証に関する記述として、法令上、正しいものは次のうちどれか。

1:免許に係る業務に従事するときは、当該業務に係る免許証を携帯しなければならないが、屋外作業等、作業の性質上、免許証を滅失するおそれのある業務に従事するときは、免許証に代えてその写しを携帯することで差し支えない。

2:免許に係る業務に現に就いている者は、氏名を変更したときは、免許証の書替えを受けなければならないが、変更後の氏名を確認することができる他の技能講習修了証等を携帯するときは、この限りでない。

3:免許に係る業務に現に就いている者は、免許証を滅失したときは、免許証の再交付を受けなければならないが、当該免許証の写し及び事業者による当該免許証の所持を証明する書面を携帯するときは、この限りでない。

4:重大な過失により、免許に係る業務について重大な事故を発生させたときは、免許の取消し又は効力の一時停止の処分を受けることがある。

5:労働安全衛生法違反により免許の取消しの処分を受けた者は、処分を受けた日から起算して30日以内に、免許の取消しをした都道府県労働局長に免許証を返還しなければならない。

答:4

1:誤り。免許に係る業務に従事するときは、当該業務に係る免許証を携帯しなければならない。

2:誤り。当該免許に係る業務に現に就いている者又は就こうとする者は、本籍又は氏名を変更したときは、免許証の書替えを受けなければならない。

3:誤り。当該免許に係る業務に現に就いている者又は就こうとする者は、免許証を滅失したときは、免許証の再交付を受けなければならない。

4:正しい。重大な過失により、免許に係る業務について重大な事故を発生させたときは、免許の取消し又は効力の一時停止の処分を受けることがある。

5:誤り。労働安全衛生法違反により免許の取消しの処分を受けた者は、遅滞なく、免許の取消しをした都道府県労働局長に免許証を返還しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H30後期-問17

Page Top

© 2011-2020 過去問.com