Home > 力学 > H30前期-問34

H30前期-問34

次の文中の[  ]内に入れるAからCの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「水平面に置いてある物体を図に示すように傾けると、この物体に作用している[ A ]により生じた力が合力Wとして重心Gに鉛直に作用し、回転の中心△を支点として、物体を[ B ]とする方向に[ C ]として働く。」

1:A=重力 B=元に戻そう C=モーメント

2:A=重力 B=倒そう C=遠心力

3:A=復元力 B=元に戻そう C=引張応力

4:A=遠心力 B=倒そう C=引張応力

5:A=向心力 B=元に戻そう C=動荷重

答:1

水平面に置いてある物体を図に示すように傾けると、この物体に作用している[重力]により生じた力が合力Wとして重心Gに鉛直に作用し、回転の中心△を支点として、物体を[元に戻そう]とする方向に[モーメント]として働く。

スポンサーリンク

Home > 力学 > H30前期-問34

Page Top

© 2011-2020 過去問.com