Home > 原動機及び電気 > H30前期-問29

H30前期-問29

電気計器の使用方法に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:回路計(テスター)は、直流電圧、交流電圧、直流電流などを、スイッチを切り替えることによって計測できる計器である。

2:回路計(テスター)では、測定する回路の電圧や電流の大きさの見当がつかない場合は、最初に測定範囲の最大レンジで測定する。

3:アナログテスターでは、正確な値を測定するため、あらかじめ0点調整を行ってから測定する。

4:電流計は、測定する回路に並列に接続して測定し、電圧計は、測定する回路に直列に接続して測定する。

5:電流計で大電流を測定する場合は、交流では変流器を、直流では分流器を使用して測定する。

答:4

1:正しい。回路計(テスター)は、直流電圧、交流電圧、直流電流などを、スイッチを切り替えることによって計測できる計器である。

2:正しい。回路計(テスター)では、測定する回路の電圧や電流の大きさの見当がつかない場合は、最初に測定範囲の最大レンジで測定する。

3:正しい。アナログテスターでは、正確な値を測定するため、あらかじめ0点調整を行ってから測定する。

4:誤り。電流計は、測定する回路に直列に接続して測定し、電圧計は、測定する回路に並列に接続して測定する。

5:正しい。電流計で大電流を測定する場合は、交流では変流器を、直流では分流器を使用して測定する。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H30前期-問29

Page Top

© 2011-2020 過去問.com