Home > 原動機及び電気 > H30前期-問25

H30前期-問25

クレーンの給電装置及び配線に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:トロリ線に接触する集電子は、クレーン本体から絶縁する必要があるため、がいしなどの絶縁物を介してクレーン本体に取り付けられる。

2:キャブタイヤケーブルは、導体に細い素線を使い、これを多数より合わせており、外装被覆も厚く丈夫に作られているので、引きずったり、屈曲を繰り返す用途に適している。

3:旋回体、ケーブル巻取式などの回転部分への給電には、トロリバーが用いられる。

4:トロリ線給電のトロリ線取付方法には、イヤー式とすくい上げ式がある。

5:内部配線は、外部からの損傷や日光の直射を防ぐため、一般に、絶縁電線を金属管などの電線管又は金属ダクト内に収めている。

答:3

1:正しい。トロリ線に接触する集電子は、クレーン本体から絶縁する必要があるため、がいしなどの絶縁物を介してクレーン本体に取り付けられる。

2:正しい。キャブタイヤケーブルは、導体に細い素線を使い、これを多数より合わせており、外装被覆も厚く丈夫に作られているので、引きずったり、屈曲を繰り返す用途に適している。

3:誤り。旋回体やケーブル巻取式などの回転部分への給電には、スリップリングが用いられる。

4:正しい。トロリ線給電のトロリ線取付方法には、イヤー式とすくい上げ式がある。

5:正しい。内部配線は、外部からの損傷や日光の直射を防ぐため、一般に、絶縁電線を金属管などの電線管又は金属ダクト内に収めている。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H30前期-問25

Page Top

© 2011-2020 過去問.com