Home > 関係法令 > H30前期-問15

H30前期-問15

クレーンの自主検査及び点検に関する記述として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:1年以内ごとに1回行う定期自主検査においては、原則として、定格荷重に相当する荷重の荷をつって行う荷重試験を実施しなければならない。

2:1か月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、ワイヤロープ及びつりチェーンの損傷の有無について検査を行わなければならない。

3:定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたとき、その補修は、作業開始後、遅滞なく行わなければならない。

4:定期自主検査の結果の記録は、3年間保存しなければならない。

5:1か月をこえる期間使用せず、当該期間中に1か月以内ごとに1回行う定期自主検査を行わなかったクレーンについては、その使用を再び開始する際に、所定の事項について自主検査を行わなければならない。

答:3

1:正しい。1年以内ごとに1回行う定期自主検査においては、原則として、定格荷重に相当する荷重の荷をつって行う荷重試験を実施しなければならない。

2:正しい。1か月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、ワイヤロープ及びつりチェーンの損傷の有無について検査を行わなければならない。

3:誤り。定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

4:正しい。定期自主検査の結果の記録は、3年間保存しなければならない。

5:正しい。1か月をこえる期間使用せず、当該期間中に1か月以内ごとに1回行う定期自主検査を行わなかったクレーンについては、その使用を再び開始する際に、所定の事項について自主検査を行わなければならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H30前期-問15

Page Top

© 2011-2020 過去問.com