Home > 力学 > H29後期-問31

H29後期-問31

力に関し、正しいものは次のうちどれか。

1:力の三要素とは、力の大きさ、力のつり合い及び力の作用点をいう。

2:力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線に下ろした垂線の長さをLとすれば、力のモーメントMは、M=F/Lで求められる。

3:一つの物体に大きさが異なり向きが一直線上にない二つの力が作用して物体が動くとき、その物体は大きい力の方向に動く。

4:多数の力が一点に作用し、つり合っているとき、これらの力の合力は0になる。

5:力の大きさと向きが変わらなければ、力の作用点が変わっても物体に与える効果は変わらない。

答:4

1:誤り。力の三要素とは、力の大きさ、力の向き及び力の作用点をいう。

2:誤り。力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線に下ろした垂線の長さをLとすれば、力のモーメントMは、M=F×Lで求められる。

3:誤り。一つの物体に大きさが異なり向きが一直線上にない二つの力が作用して物体が動くとき、その物体は合力の方向に動く。

4:正しい。多数の力が一点に作用し、つり合っているとき、これらの力の合力は0になる。

5:誤り。力の大きさと向きが変わらなくても、力の作用点が変われば物体に与える効果は変わる。

スポンサーリンク

Home > 力学 > H29後期-問31

Page Top

© 2011-2020 過去問.com