Home > クレーン及びデリック > H28後期-問4

H28後期-問4

クレーンのトロリ及び作動装置に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:巻上装置に主巻と補巻を設ける場合、定格荷重の大きい方を主巻、小さい方を補巻と呼び、一般的には巻上速度は補巻の方が速い。

2:ワイヤロープ式のホイストには、トップランニング式と呼ばれるダブルレール型ホイストとサスペンション式と呼ばれる普通型ホイストがある。

3:クラブトロリの横行装置には、電磁ブレーキや電動油圧押上機ブレーキが用いられるが、屋内に設置される横行速度の遅いものなどでは、ブレーキを設けないものもある。

4:旋回装置は、ジブクレーンにおいて、中心軸の周りでジブなどを回転させる装置で、電動機、減速装置、固定歯車、ピニオンなどで構成されている。

5:天井クレーンの一電動機式走行装置は、片側のサドルに電動機と減速装置を備え、走行装置側の走行車輪のみを駆動する。

答:5

1:正しい。巻上装置に主巻と補巻を設ける場合、定格荷重の大きい方を主巻、小さい方を補巻と呼び、一般的には巻上速度は補巻の方が速い。

2:正しい。ワイヤロープ式のホイストには、トップランニング式と呼ばれるダブルレール型ホイストとサスペンション式と呼ばれる普通型ホイストがある。

3:正しい。クラブトロリの横行装置には、電磁ブレーキや電動油圧押上機ブレーキが用いられるが、屋内に設置される横行速度の遅いものなどでは、ブレーキを設けないものもある。

4:正しい。旋回装置は、ジブクレーンにおいて、中心軸の周りでジブなどを回転させる装置で、電動機、減速装置、固定歯車、ピニオンなどで構成されている。

5:誤り。天井クレーンの一電動機式走行装置は、ガーダ―のほぼ中央に電動機と減速装置を備え、走行長軸によって両側の走行車輪を駆動する。

Home > クレーン及びデリック > H28後期-問4

Page Top

© 2011-2018 過去問.com