Home > 力学 > H24前期-問37

H24前期-問37

材料(軟鋼)の強さ、応力に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:材料に力を加えて変形した場合、変形した量の元の量に対する割合をひずみという。

2:せん断応力は、材料に作用するせん断荷重を材料の断面積で除して求められる。

3:材料に荷重が作用し、伸びたり、縮んだりして形が変わることを変形という。

4:圧縮応力は、材料に作用する圧縮荷重を材料の長さで除して求められる。

5:荷重が作用する物体の内部に生じる応力の大きさは、単位面積当たりの力の大きさで表す。

答:4

1:正しい。材料に力を加えて変形した場合、変形した量の元の量に対する割合をひずみという。

2:正しい。せん断応力は、材料に作用するせん断荷重を材料の断面積で除して求められる。

3:正しい。材料に荷重が作用し、伸びたり、縮んだりして形が変わることを変形という。

4:誤り。圧縮応力は、材料に作用する圧縮荷重を材料の断面積で除して求められる。

5:正しい。荷重が作用する物体の内部に生じる応力の大きさは、単位面積当たりの力の大きさで表す。

Home > 力学 > H24前期-問37

Page Top

© 2011-2018 過去問.com