Home > 原動機及び電気 > H24前期-問23

H24前期-問23

電動機の始動方法又は速度制御方式に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:かご形三相誘導電動機の緩始動には、リアクトル等による電気的な方法と、流体継手等を用いる機械的な方法がある。

2:巻線形三相誘導電動機は、荷の巻上げや走行、横行のときは、二次抵抗の加減によって、ある程度速度制御ができる。

3:巻線形三相誘導電動機の電動油圧押上機ブレーキ制御は、機械的な摩擦力を利用して速度制御するため、ブレーキドラムが過熱することがある。

4:巻線形三相誘導電動機の渦電流ブレーキ制御は、荷の巻下げ時の低速を得る電気ブレーキで、電動油圧押上機ブレーキのブレーキライニングのような消耗部分がない。

5:巻線形三相誘導電動機のダイナミックブレーキ制御は、電動機一次側を直流励磁して制動する方式で、つり荷が重い場合には低速での巻下げができない。

答:5

1:正しい。かご形三相誘導電動機の緩始動には、リアクトル等による電気的な方法と、流体継手等を用いる機械的な方法がある。

2:正しい。巻線形三相誘導電動機は、荷の巻上げや走行、横行のときは、二次抵抗の加減によって、ある程度速度制御ができる。

3:正しい。巻線形三相誘導電動機の電動油圧押上機ブレーキ制御は、機械的な摩擦力を利用して速度制御するため、ブレーキドラムが過熱することがある。

4:正しい。巻線形三相誘導電動機の渦電流ブレーキ制御は、荷の巻下げ時の低速を得る電気ブレーキで、電動油圧押上機ブレーキのブレーキライニングのような消耗部分がない。

5:誤り。巻線形三相誘導電動機のダイナミックブレーキ制御は、電動機一次側を直流励磁して制動する方式で、つり荷が軽い場合には低速での巻下げができない。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H24前期-問23

Page Top

© 2011-2018 過去問.com