Home > クレーン及びデリック > H22後期-問3

H22後期-問3

クレーンの機械要素に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ローラーチェーン軸継手は、スプロケットとローラーチェーンの組合せで力を伝達する。

2:歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、起動及び停止時の衝撃や荷重変化によるたわみの影響等を緩和するために用いられる。

3:はすば歯車は、歯が軸につる巻状に斜めに切られており、動力の伝達にむらが多い。

4:ばね座金や舌付き座金などは、振動や繰返し荷重によるナットの緩みを防止するために用いられる。

5:スラスト軸受は、軸の長手方向の荷重を支える軸受である。

答:3

1:正しい。ローラーチェーン軸継手は、スプロケットとローラーチェーンの組合せで力を伝達する。

2:正しい。歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、起動及び停止時の衝撃や荷重変化によるたわみの影響等を緩和するために用いられる。

3:誤り。はすば歯車は、歯が軸につる巻き状に斜めに切られており、平歯車に比べて動力の伝達のむらが少ない。

4:正しい。ばね座金や舌付き座金などは、振動や繰返し荷重によるナットの緩みを防止するために用いられる。

5:正しい。スラスト軸受は、軸の長手方向の荷重を支える軸受である。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > H22後期-問3

Page Top

© 2011-2018 過去問.com