Home > クレーン及びデリック > H22後期-問1

H22後期-問1

クレーンの構造部分に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ガーダは、トロリ等を支持する構造物で、「けた」とも呼ばれる。

2:プレートガーダは、鋼板をI形状に組み立てた構造で、補助けたを設けないこともある。

3:ジブクレーンのジブは、自重をできるだけ軽くし、剛性を持たせる必要があり、その構造はボックス構造やパイプトラス構造が多い。

4:Iビームガーダは、一般に電気ホイストをつり下げたホイスト式天井クレーンやテルハに用いられる。

5:トラスガーダは、三角形を単位とした骨組構造で、その断面のみで水平力を支えることができるため補助けたを設けずに用いられる。

答:5

1:正しい。ガーダは、トロリ等を支持する構造物で、「けた」とも呼ばれる。

2:正しい。プレートガーダは、鋼板をI形状に組み立てた構造で、補助けたを設けないこともある。

3:正しい。ジブクレーンのジブは、自重をできるだけ軽くし、剛性を持たせる必要があり、その構造はボックス構造やパイプトラス構造が多い。

4:正しい。Iビームガーダは、一般に電気ホイストをつり下げたホイスト式天井クレーンやテルハに用いられる。

5:誤り。トラスガーダは、三角形を単位とした骨組構造で、その断面のみで水平力を支えることができないため、補助けたと組み合わせて用いられる。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > H22後期-問1

Page Top

© 2011-2018 過去問.com