Home > クレーン及びデリック > H18後期-問7

H18後期-問7

クレーンの安全装置及び附属装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:重錘形リミットスイッチは、フックブロックが作動レバーからつり下げたおもりを、押し上げることによってスイッチを作動させ、巻上げを停止させるものである。

2:過負荷防止装置は、つり上げた荷の質量が定格荷重を超えた場合に直ちに作動を停止する装置、又は定格荷重を超える前に警報音を発する装置をいう。

3:緩衝装置は、クレーン本体やトロリがレール端から走り出るのを防止するために設ける車輪止めと併用のものとして取り付けられることが多く、衝突時の衝撃力を緩和させる装置である。

4:逸走防止装置は、屋外に設置された走行クレーンが風により流されることを防止するために設ける装置で、バッファともいう。

5:Vレバー形リミットスイッチは、V字形のレバーをストライカーによって作動させて、トロリなどを停止させるための装置として用いられる。

答:4

1:正しい。重錘形リミットスイッチは、フックブロックが作動レバーからつり下げたおもりを、押し上げることによってスイッチを作動させ、巻上げを停止させるものである。

2:正しい。過負荷防止装置は、つり上げた荷の質量が定格荷重を超えた場合に直ちに作動を停止する装置、又は定格荷重を超える前に警報音を発する装置をいう。

3:正しい。緩衝装置は、クレーン本体やトロリがレール端から走り出るのを防止するために設ける車輪止めと併用のものとして取り付けられることが多く、衝突時の衝撃力を緩和させる装置である。

4:誤り。逸走防止装置は、屋外に設置された走行クレーンが風により流されることを防止するために設ける装置である。バッファとは緩衝装置のことである。

5:正しい。Vレバー形リミットスイッチは、V字形のレバーをストライカーによって作動させて、トロリなどを停止させるための装置として用いられる。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > H18後期-問7

Page Top

© 2011-2018 過去問.com