Home > 原動機及び電気 > H18前期-問26

H18前期-問26

かご形三相誘導電動機に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:回転子は、鉄心のまわりに太い導線(バー)がかご形に配置されている。

2:極めて簡単な構造であり、故障が少なく取扱いも容易である。

3:二次側には、スリップリングはない。

4:電動機の緩始動には、電源回路に抵抗器、リアクトルあるいはサイリスター等を挿入して、始動電流を抑える方法がある。

5:電源の周波数を変えて電動機の回転数を制御するインバーター制御は、使用できない。

答:5

1:正しい。かご形三相誘導電動機の回転子は、鉄心のまわりに太い導線(バー)がかご形に配置されている。

2:正しい。かご形三相誘導電動機は極めて簡単な構造であり、故障が少なく取扱いも容易である。

3:正しい。かご形三相誘導電動機の二次側にスリップリングはない。

4:正しい。かご形三相誘導電動機の緩始動には、電源回路に抵抗器、リアクトルあるいはサイリスター等を挿入して、始動電流を抑える方法がある。

5:誤り。かご形三相誘導電動機には、電源の周波数を変えて電動機の回転数を制御するインバーター制御が使用できる。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H18前期-問26

Page Top

© 2011-2018 過去問.com