Home > 冷凍保安規則 > 第四十四条

第四十四条

(定期自主検査を行う製造施設等)
法第三十五条の二の1日の冷凍能力が経済産業省令で定める値は、アンモニア又はフルオロカーボン(不活性のものを除く。)を冷媒ガスとするものにあっては、20トンとする。

 法第三十五条の二の経済産業省令で定めるものは、製造施設(第三十六条第二項第一号に掲げる製造施設(アンモニアを冷媒ガスとするものに限る。)であって、その製造設備の1日の冷凍能力が20トン以上50トン未満のものを除く。)とする。

 法第三十五条の二の規定により自主検査は、第一種製造者の製造施設にあっては法第八条第一号の経済産業省令で定める技術上の基準(耐圧試験に係るものを除く。)に適合しているか、又は第二種製造者の製造施設にあっては法第十二条第一項の経済産業省令で定める技術上の基準(耐圧試験に係るものを除く。)に適合しているかどうかについて、1年に1回以上行わなければならない。

 法第三十五条の二の規定により、第一種製造者(製造施設が第三十六条第二項各号に掲げるものである者及び第六十九条の規定に基づき経済産業大臣が冷凍保安責任者の選任を不要とした者を除く。)又は第二種製造者(製造施設が第三十六条第三項各号に掲げるものである者及び第六十九条の規定に基づき経済産業大臣が冷凍保安責任者の選任を不要とした者を除く。)は、同条の自主検査を行うときは、その選任した冷凍保安責任者に当該自主検査の実施について監督を行わせなければならない。

 法第三十五条の二の規定により、第一種製造者及び第二種製造者は、検査記録に次の各号に掲げる事項を記載しなければならない。

 検査をした製造施設

 検査をした製造施設の設備ごとの検査方法及び結果

 検査年月日

 検査の実施について監督を行った者の氏名

スポンサーリンク

Home > 冷凍保安規則 > 第四十四条

Page Top

© 2011-2020 過去問.com