Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問9

R1保安管理技術-問9

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、附属機器について正しいものはどれか。

イ.液分離器は、蒸発器と圧縮機との間の吸込み蒸気配管に取り付け、吸込み蒸気中に混在した液を分離して、冷凍装置外部に排出する。

ロ.フルオロカーボン冷凍装置では、凝縮器を出た冷媒液を過冷却させるとともに、圧縮機に戻る冷媒蒸気を適度に過熱させるために、液ガス熱交換器を設けることがある。

ハ.シリカゲルを乾燥剤に用いたドライヤは、フルオロカーボン冷凍装置の冷媒系統の水分を除去する。

ニ.往復圧縮機を用いたアンモニア冷凍装置では、一般に、油分離器で分離された鉱油を圧縮機クランクケース内に自動返油する。

1:イ

2:ロ

3:ハ

4:ニ

5:ロ、ハ

答:5

イ.誤り。液分離器は、蒸発器と圧縮機との間の吸込み蒸気配管に取り付け、吸込み蒸気中に混在した液を分離して、蒸気だけを圧縮機に吸い込ませて、液圧縮を防止する。

ロ.正しい。フルオロカーボン冷凍装置では、凝縮器を出た冷媒液を過冷却させるとともに、圧縮機に戻る冷媒蒸気を適度に過熱させるために、液ガス熱交換器を設けることがある。

ハ.正しい。シリカゲルを乾燥剤に用いたドライヤは、フルオロカーボン冷凍装置の冷媒系統の水分を除去する。

ニ.誤り。アンモニア冷凍装置の油分離器で分離された鉱油は、吐出しガス温度が高く油が劣化するので、一般には自動返油せず、油だめに抜き取ることがある。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問9

Page Top

© 2011-2020 過去問.com