Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問2

R1保安管理技術-問2

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷凍サイクル、熱の移動について正しいものはどれか。

イ.常温、常圧において、水あか、グラスウール、鉄鋼、空気のなかで、熱伝導率の値が一番小さいのは空気である。

ロ.固体壁を通過する伝熱量は、その壁で隔てられた両側の流体間の温度差、固体壁の伝熱面積および熱通過率に比例する。

ハ.水冷却器の交換熱量の計算において、冷却管の入口側の水と冷媒との温度差をΔt1、出口側の温度差をΔt2とすると、冷媒と水との算術平均温度差Δtmは、Δtm=(Δt1+Δt2)/2である。

ニ.冷凍サイクルの蒸発器で周囲が冷媒から奪う熱量のことを、冷凍効果という。

1:イ、ロ

2:イ、ハ

3:ロ、ニ

4:ニ、ハ

5:イ、ロ、ハ

答:5

イ.正しい。常温、常圧において、水あか、グラスウール、鉄鋼、空気のなかで、熱伝導率の値が一番小さいのは空気である。

ロ.正しい。固体壁を通過する伝熱量は、その壁で隔てられた両側の流体間の温度差、固体壁の伝熱面積および熱通過率に比例する。

ハ.正しい。水冷却器の交換熱量の計算において、冷却管の入口側の水と冷媒との温度差をΔt1、出口側の温度差をΔt2とすると、冷媒と水との算術平均温度差Δtmは、Δtm=(Δt1+Δt2)/2である。

ニ.誤り。冷凍サイクルの蒸発器で冷媒1kg当たりが周囲から奪う熱量のことを、冷凍効果という。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問2

Page Top

© 2011-2020 過去問.com