Home > 法令(問11~問20) > H30法令-問15

H30法令-問15

次のイ、ロ、ハの記述のうち、製造設備がアンモニアを冷媒ガスとする定置式製造設備(吸収式アンモニア冷凍機であるものを除く。)である第一種製造者の製造施設に係る技術上の基準について冷凍保安規則上正しいものはどれか。

イ.冷媒設備の圧縮機を設置する室は、冷媒設備から冷媒ガスであるアンモニアが漏えいしたときに、滞留しないような構造としなければならないものに該当する。

ロ.製造設備が専用機械室に設置され、かつ、その室を運転中強制換気できる構造とした場合、冷媒設備の安全弁に設けた放出管の開口部の位置については、特に定められていない。

ハ.受液器に丸形ガラス管液面計以外のガラス管液面計を設ける場合には、その液面計の破損を防止するための措置を講じるか、又は受液器とガラス管液面計とを接続する配管にその液面計の破損による漏えいを防止するための措置のいずれかの措置を講じることと定められている。

1:イ

2:ロ

3:ハ

4:イ、ロ

5:イ、ハ

答:1

イ.正しい。圧縮機、油分離器、凝縮器若しくは受液器又はこれらの間の配管(可燃性ガス又は毒性ガスの製造設備のものに限る。)を設置する室は、冷媒ガスが漏えいしたとき滞留しないような構造としなければならない。
冷凍保安規則 第七条

ロ.誤り。冷媒設備の安全弁に設けた放出管の開口部の位置は、放出する冷媒ガスの性質に応じた適切な位置でなければならないと定められている。
冷凍保安規則 第七条

ハ.誤り。受液器にガラス管液面計を設ける場合には、丸形ガラス管液面計以外のものとし、その液面計の破損を防止するための措置のほか、受液器とその液面計とを接続する配管にその液面計の破損による漏えいを防止するための措置を講じなければならない。
冷凍保安規則 第七条

スポンサーリンク

Home > 法令(問11~問20) > H30法令-問15

Page Top

© 2011-2020 過去問.com