Home > 法令(問1~問10) > H30法令-問7

H30法令-問7

次のイ、ロ、ハの記述のうち、冷凍能力の算定基準について冷凍保安規則上正しいものはどれか。

イ.遠心式圧縮機を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つに、その圧縮機の原動機の定格出力の数値がある。

ロ.往復動式圧縮機を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つに、冷媒設備内の冷媒ガスの充填量の数値がある。

ハ.遠心式圧縮機以外の圧縮機を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つに、圧縮機の標準回転速度における1時間のピストン押しのけ量の数値がある。

1:イ

2:ロ

3:イ、ハ

4:ロ、ハ

5:イ、ロ、ハ

答:3

イ.正しい。遠心式圧縮機を使用する製造設備にあっては、当該圧縮機の原動機の定格出力1.2kWをもって1日の冷凍能力1トンとする。
よって、圧縮機の原動機の定格出力の数値は、遠心式圧縮機を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値である。
冷凍保安規則 第五条

ロ.誤り。冷媒設備内の冷媒ガスの充填量の数値は、往復動式圧縮機を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定基準に必要な数値として冷凍保安規則に定められていない。
冷凍保安規則 第五条

ハ.正しい。冷規第5条第一号から三号に掲げる製造設備(遠心式圧縮機を使用する製造設備、吸収式冷凍設備、自然環流式冷凍設備及び自然循環式冷凍設備)以外の製造設備にあっては、次の算式によるものをもって1日の冷凍能力とする。
 R=V÷C
  R 1日の冷凍能力(単位 トン)の数値
  V 圧縮機の標準回転速度における1時間のピストン押しのけ量(単位 立方メートル)の数値
  C 冷媒ガスの種類に応じて定められた数値
よって、遠心式圧縮機以外の圧縮機を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つに、圧縮機の標準回転速度における1時間のピストン押しのけ量の数値がある。
冷凍保安規則 第五条

スポンサーリンク

Home > 法令(問1~問10) > H30法令-問7

Page Top

© 2011-2020 過去問.com