Home > 保安管理技術(問11~問15) > H29保安管理技術-問13

H29保安管理技術-問13

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷凍装置の据付け、圧力試験および試運転について正しいものはどれか。

イ.耐圧試験は、気密試験の前に行い、圧縮機、圧力容器および配管について行わなければならない。

ロ.アンモニア冷凍装置の気密試験には、乾燥空気、窒素ガスまたは酸素を使用できるが、炭酸ガスを使用してはならない。

ハ.高速回転で軸受荷重の小さい圧縮機を用いる場合には、一般に、メーカが指定する粘度の低い冷凍機油を用いる。

ニ.非共沸混合冷媒を冷凍装置に充てんする場合には、必ず冷媒液を充てんする。

1:イ、ロ

2:イ、ニ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:5

イ.誤り。耐圧試験は、気密試験の前に行い、配管以外の部分(圧縮機、圧力容器、冷媒液ポンプなど)について行わなければならない。

ロ.誤り。気密試験に使用するガスは、空気または不燃性ガスとし、酸素や毒性ガス、可燃性ガスを使用してはならない。一般には、乾燥空気、窒素ガス、炭酸ガスが用いられるが、アンモニア冷凍装置に対しては炭酸ガスを使用してはならない。

ハ.正しい。高速回転で軸受荷重の小さい圧縮機を用いる場合には、一般に、メーカが指定する粘度の低い冷凍機油を用いる。

ニ.正しい。非共沸混合冷媒を冷凍装置に充てんする場合には、必ず冷媒液を充てんする。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問11~問15) > H29保安管理技術-問13

Page Top

© 2011-2020 過去問.com