Home > 保安管理技術(問1~問10) > H29保安管理技術-問4

H29保安管理技術-問4

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷媒およびプラインについて正しいものはどれか。

イ.フルオロカーボン冷媒に水分が混入すると、冷媒が加水分解し、酸性の物質を作り金属を腐食させるので、フルオロカーボン冷凍装置には、ドライヤをつけて冷媒に混入した水分を吸着して除去する。

ロ.フルオロカーボン冷媒の液は冷凍機油よりも軽いが、これらは互いに溶解して溶液になることが多い。

ハ.アンモニア冷媒は銅および銅合金に対して腐食性がなく、銅管や黄銅製の部品の使用が可能である。

ニ.一般的に、プラインは使用中に空気中の水分を凝縮させて取り込むことにより、プラインの濃度が下がるので、濃度の調整が必要である。

1:イ、ロ

2:イ、ニ

3:ロ、ハ

4:イ、ハ、ニ

5:ロ、ハ、ニ

答:2

イ.正しい。フルオロカーボン冷媒に水分が混入すると、冷媒が加水分解し、酸性の物質を作り金属を腐食させるので、フルオロカーボン冷凍装置には、ドライヤをつけて冷媒に混入した水分を吸着して除去する。

ロ.誤り。フルオロカーボン冷媒の液は冷凍機油よりも重いが、これらは互いに溶解して溶液になることが多い。

ハ.誤り。アンモニア冷媒は銅および銅合金に対して腐食性があるが、鋼に対しては腐食性がないので、アンモニア冷凍装置には鋼管や鋼板が使用される。

ニ.正しい。一般的に、プラインは使用中に空気中の水分を凝縮させて取り込むことにより、プラインの濃度が下がるので、濃度の調整が必要である。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > H29保安管理技術-問4

Page Top

© 2011-2020 過去問.com