Home > 保安管理技術(問11~問15) > H28保安管理技術-問13

H28保安管理技術-問13

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、圧力試験および据付けについて正しいものはどれか。

イ.気密試験には、耐圧試験で耐圧強度が確認された配管以外のものについて行うものと、配管で接続された後にすべての冷媒系統について行うものがある。

ロ.真空試験は、気密試験の後に行い、微少な漏れの確認および装置内の水分と油分の除去を目的に行われる。

ハ.アンモニア冷凍装置の気密試験には、乾燥空気、窒素ガス、炭酸ガスなどが使用される。

ニ.圧縮機を防振支持し、吸込み蒸気配管に可とう管(フレキシブルチューブ)を用いる場合、可とう管表面が氷結し破損するおそれのあるときは、可とう管をゴムで被覆することがある。

1:イ

2:ロ

3:イ、ニ

4:ロ、ハ

5:ハ、ニ

答:3

イ.正しい。気密試験には、耐圧試験で耐圧強度が確認された配管以外のものについて行うものと、配管で接続された後にすべての冷媒系統について行うものがある。

ロ.誤り。真空試験は、気密試験の後に行い、微少な漏れの確認および装置内の水分の除去を目的に行われる。

ハ.誤り。気密試験では、一般に、乾燥空気、窒素ガス、炭酸ガスが用いられるが、アンモニア冷凍装置に対しては炭酸ガスを使用してはならない。

ニ.正しい。圧縮機を防振支持し、吸込み蒸気配管に可とう管(フレキシブルチューブ)を用いる場合、可とう管表面が氷結し破損するおそれのあるときは、可とう管をゴムで被覆することがある。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問11~問15) > H28保安管理技術-問13

Page Top

© 2011-2020 過去問.com