Home > 保安管理技術(問1~問10) > H28保安管理技術-問10

H28保安管理技術-問10

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷媒配管について正しいものはどれか。

イ.冷媒配管では冷媒の流れ抵抗を極力小さくするように留意し、配管の曲がり部はできるだけ少なくし、曲がりの半径は大きくする。

ロ.高圧液配管内で液の圧力が上昇すると、フラッシュガスが発生し、膨張弁の冷媒流量が減少して冷凍能力が減少する。

ハ.吸込み蒸気配管には十分な防熱を施し、管表面における結露あるいは結霜を防止することによって吸込み蒸気温度の低下を防ぐ。

ニ.圧縮機の近くに吸込み蒸気の横走り管がある場合、横走り管中にUトラップがあると、軽負荷運転時や停止時に油や冷媒液がたまり、圧縮機の再始動時に液圧縮の危険が生じる。

1:イ、ロ

2:イ、ハ

3:イ、ニ

4:ロ、ニ

5:ロ、ハ、ニ

答:3

イ.正しい。冷媒配管では冷媒の流れ抵抗を極力小さくするように留意し、配管の曲がり部はできるだけ少なくし、曲がりの半径は大きくする。

ロ.誤り。高圧液配管内で液の圧力が低下すると、フラッシュガスが発生し、膨張弁の冷媒流量が減少して冷凍能力が減少する。

ハ.誤り。吸込み蒸気配管には、管表面における結露あるいは結霜を防止し、吸込み蒸気温度の上昇を防ぐために十分な防熱を施す。

ニ.正しい。圧縮機の近くに吸込み蒸気の横走り管がある場合、横走り管中にUトラップがあると、軽負荷運転時や停止時に油や冷媒液がたまり、圧縮機の再始動時に液圧縮の危険が生じる。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > H28保安管理技術-問10

Page Top

© 2011-2020 過去問.com