Home > 保安管理技術(問1~問10) > H28保安管理技術-問3

H28保安管理技術-問3

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷凍能力、動力および成績係数などについて正しいものはどれか。

イ.冷媒循環量は、ピストン押しのけ量、圧縮機の吸込み蒸気の比体積および体積効率との積である。

ロ.圧縮機の冷凍能力は、冷媒循環量と、蒸発器入口と出口の比エンタルピーの差との積である。

ハ.実際の圧縮機の駆動に必要な軸動力は、蒸気の圧縮に必要な圧縮動力と、機械的摩擦損失動力との和である。

ニ.凝縮温度を一定として蒸発温度を低くすると、冷凍装置の成績係数は大きくなる。

1:イ、ロ

2:ロ、ハ

3:ハ、ニ

4:イ、ロ、ニ

5:イ、ハ、ニ

答:2

イ.誤り。冷媒循環量は、ピストン押しのけ量と体積効率との積を、圧縮機の吸込み蒸気の比体積で除して求められる。
冷媒循環量=ピストン押しのけ量×体積効率÷圧縮機の吸込み蒸気の比体積

ロ.正しい。圧縮機の冷凍能力は、冷媒循環量と、蒸発器入口と出口の比エンタルピーの差との積である。

ハ.正しい。実際の圧縮機の駆動に必要な軸動力は、蒸気の圧縮に必要な圧縮動力と、機械的摩擦損失動力との和である。

ニ.誤り。蒸発温度と凝縮温度との温度差が大きくなると、断熱効率と機械効率が小さくなるので、冷凍装置の成績係数は大きく低下する。とくに、蒸発温度を低くして運転すると、冷凍装置の成績係数が小さくなるとともに、冷凍能力やヒートポンプ加熱能力も小さくなる。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > H28保安管理技術-問3

Page Top

© 2011-2020 過去問.com