Home > 保安管理技術(問11~問15) > H26保安管理技術-問12

H26保安管理技術-問12

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、材料の強さと圧力容器について正しいものはどれか。

イ.薄肉円筒胴に発生する応力は、長手方向にかかる応力と接線方向にかかる応力があるが、長手方向にかかる応力のほうが接線方向にかかる応力よりも大きい。

ロ.円筒胴にかかる内圧が一定の場合、円筒胴の直径が大きいほど、円筒胴に必要な板厚は厚くなる。

ハ.ステンレス鋼の圧力容器には、腐れしろを設ける。

ニ.圧力容器を設計するときに、一般的に材料の引張強さの1/2の応力を許容張応力として、その値以下になるように設計する。

1:イ、ロ

2:イ、ハ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:3

イ.誤り。薄肉円筒胴に発生する応力は、長手方向にかかる応力と接線方向にかかる応力があるが、接線方向にかかる応力は長手方向にかかる応力の2倍となる。

ロ.正しい。円筒胴にかかる内圧が一定の場合、円筒胴の直径が大きいほど、円筒胴に必要な板厚は厚くなる。

ハ.正しい。ステンレス鋼の圧力容器には、腐れしろを設ける。

ニ.誤り。圧力容器を設計するときに、一般的に材料の引張強さの1/4の応力を許容張応力として、その値以下になるように設計する。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問11~問15) > H26保安管理技術-問12

Page Top

© 2011-2020 過去問.com