Home > 保安管理技術(問1~問10) > H26保安管理技術-問10

H26保安管理技術-問10

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷媒配管について正しいものはどれか。

イ.配管用炭素鋼鋼管(SGP)は、アンモニアなどの毒性をもつ冷媒の配管には使用しない。

ロ.冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、このガスの影響で液のみで流れるよりも配管内の流れの抵抗が小さくなる。

ハ.圧縮機吸込み管の二重立ち上がり管は、冷媒液の戻り防止のために使用される。

ニ.凝縮器と受液器を接続する液流下管で冷媒液を流下しやすくする方法の一つとして、凝縮器と受液器との間に均圧管を用いる方法がある。

1:イ、ロ

2:イ、ニ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:2

イ.正しい。配管用炭素鋼鋼管(SGP)は、毒性をもつ冷媒、設計圧力が1MPaを超える耐圧部分、温度が100℃を超える耐圧部分には使用できない。

ロ.誤り。冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、このガスの影響で液のみで流れるよりも配管内の流れの抵抗が大きくなる。

ハ.誤り。圧縮機吸込み管の二重立ち上がり管は、油戻しのために使用される。

ニ.正しい。凝縮器と受液器を接続する液流下管で冷媒液を流下しやすくする方法の一つとして、凝縮器と受液器との間に均圧管を用いる方法がある。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > H26保安管理技術-問10

Page Top

© 2011-2020 過去問.com