Home > 保安管理技術(問11~問15) > H25保安管理技術-問12

H25保安管理技術-問12

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、材料の強さなどについて正しいものはどれか。

イ.溶接構造用圧延鋼材SM400Bの許容引張応カは400N/mm2である。

ロ.許容圧力は、対象とする設備が実際に許容できる圧力のことである。

ハ.圧力容器で耐圧強度が問題となるのは、一般に引張応力である。

ニ.二段圧縮の冷凍設備では、低段側の圧縮機の吐出し圧力以上の受ける部分を高圧部とし、その他を低圧部として取り扱う。

1:イ、ロ

2:イ、ハ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:3

イ.誤り。溶接構造用圧延鋼材SM400Bの最小引張強さは400N/mm2であり、許容引張応力は400×1/4=100N/mm2である。

ロ.正しい。許容圧力は、対象とする設備が実際に許容できる圧力のことである。

ハ.正しい。圧力容器で耐圧強度が問題となるのは、一般に引張応力である。

ニ.誤り。二段圧縮の冷凍設備では、高段側の圧縮機の吐出し圧力以上の部分を高圧部とし、その他を低圧部として取り扱う。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問11~問15) > H25保安管理技術-問12

Page Top

© 2011-2020 過去問.com