Home > 保安管理技術(問1~問10) > H25保安管理技術-問8

H25保安管理技術-問8

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、自動制御機器について正しいものはどれか。

イ.キャピラリチューブは、細管を流れる冷媒の抵抗による圧力降下を利用して、冷媒の絞り膨張を行う機器である。

ロ.温度自動膨張弁の感温筒が外れると、膨張弁が閉じて過熱度が高くなり、冷凍能力が小さくなる。

ハ.凝縮圧力調整弁は夏季に凝縮圧力が高くなり過ぎるのを防ぐために用いる。

ニ.大形の冷凍装置に保安の目的で高低圧圧力スイッチを設ける場合、高圧側の圧力スイッチは自動復帰式を用いる。

1:イ

2:ロ

3:イ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:1

イ.正しい。キャピラリチューブは、細管を流れる冷媒の抵抗による圧力降下を利用して、冷媒の絞り膨張を行う機器である。

ロ.誤り。温度自動膨張弁の感温筒が外れると、膨張弁が開いて冷媒流量が増加し、過熱度は低くなり、冷凍能力は小さくなる。

ハ.誤り。凝縮圧力調整弁は冬季に凝縮圧力が低くなり過ぎるのを防ぐために用いる。

ニ.誤り。大形の冷凍装置に保安の目的で高低圧圧力スイッチを設ける場合、高圧側の圧力スイッチは手動復帰式を用いる。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > H25保安管理技術-問8

Page Top

© 2011-2020 過去問.com