Home > 保安管理技術(問11~問15) > H24保安管理技術-問15

H24保安管理技術-問15

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷凍装置の保守管理について正しいものはどれか。

イ.シャフトシールに汚れた潤滑油が入ると、シール面を傷つけて冷媒漏れを起こすことがある。

ロ.フルオロカーボン冷凍装置に水分が混入しても、装置に障害を引き起こすことはない。

ハ.圧縮機において潤滑油量の不足や油ポンプの故障などで油圧が不足すると、潤滑作用が阻害される。

ニ.圧縮機のシリンダの温度が過熱運転により上昇すると、潤滑油が炭化し分解して不凝縮ガスを生成することがある。

1:イ、ロ

2:ロ、ハ

3:ハ、ニ

4:イ、ロ、ニ

5:イ、ハ、ニ

答:5

イ.正しい。シャフトシールに汚れた潤滑油が入ると、シール面を傷つけて冷媒漏れを起こすことがある。

ロ.誤り。フルオロカーボン冷凍装置に水分が混入すると、弁膨張部の氷結や金属の腐食等の障害を引き起こすことがある。

ハ.正しい。圧縮機において潤滑油量の不足や油ポンプの故障などで油圧が不足すると、潤滑作用が阻害される。

ニ.正しい。圧縮機のシリンダの温度が過熱運転により上昇すると、潤滑油が炭化し分解して不凝縮ガスを生成することがある。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問11~問15) > H24保安管理技術-問15

Page Top

© 2011-2020 過去問.com