答:2

1:誤り。光源からの光を壁等に反射させて照明する方法を間接照明という。

2:正しい。前方から明かりをとるとき、目と光源を結ぶ線と視線とが作る角度は、少なくとも30°以上になるようにする。

3:誤り。立体視を必要とする作業には、影のできる照明が適している。

4:誤り。作業室全体の明るさは、作業面局所の明るさの10%以上になるようにする。

5:誤り。部屋の彩色に当たり、目の高さから下の壁及び床は、まぶしさを防ぐため濁色にするとよい。


PCサイト
第二種衛生管理者試験過去問題集
http://kako-mon.com/2-ei/