Home > 労働衛生 > H30後期-問11

H30後期-問11

事務室内において、空気を外気と入れ換えて二酸化炭素濃度を1,000ppm以下に保った状態で、在室することのできる最大の人数は次のうちどれか。
ただし、外気の二酸化炭素濃度を400ppm、外気と入れ換える空気量を500m3/h、1人当たりの呼出二酸化炭素量を0.016m3/hとする。

1:14人

2:16人

3:18人

4:20人

5:22人

答:3

必要換気量を求める式から在室最大人数を求める。

必要換気量=呼出二酸化炭素量÷(室内二酸化炭素基準濃度-外気の二酸化炭素濃度)

 換気量=500m3/h

 呼出二酸化炭素量=X人×0.016m3/h=0.16m3/h

 室内のCO2基準濃度=1000ppm=0.1%=0.001

 外気のCO2濃度=400ppm=0.04%=0.0004

500=(X×0.016)÷(0.001-0.0004)

500=0.016X÷0.0006

X=18.75

スポンサーリンク

Home > 労働衛生 > H30後期-問11

Page Top

© 2011-2020 過去問.com