Home > 労働生理 > H29後期-問21

H29後期-問21

血液に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:赤血球は、骨髄で産生され、寿命は約120日であり、全血液の体積の約60%を占めている。

2:血液中に占める赤血球の容積の割合をヘマトクリットといい、貧血になるとその値は低くなる。

3:好中球は、偽足を出してアメーバ様運動を行い、体内に侵入してきた細菌などを貪食する。

4:リンパ球は、白血球の約30%を占め、Tリンパ球やBリンパ球などの種類があり、免疫反応に関与している。

5:ABO式血液型は、赤血球による血液型分類の一つで、A型血液の血清は抗B抗体をもつ。

答:1

1:誤り。赤血球は、骨髄で産生され、寿命は約120日である。血液中に占める赤血球の容積の割合をヘマトクリットといい、正常値は成人男性約45%、女性約40%である。

2:正しい。血液中に占める赤血球の容積の割合をヘマトクリットといい、貧血になるとその値は低くなる。

3:正しい。好中球は、偽足を出してアメーバ様運動を行い、体内に侵入してきた細菌などを貪食する。

4:正しい。リンパ球は、白血球の約30%を占め、Tリンパ球やBリンパ球などの種類があり、免疫反応に関与している。

5:正しい。ABO式血液型は、赤血球による血液型分類の一つで、A型血液の血清は抗B抗体をもつ。

スポンサーリンク

Home > 労働生理 > H29後期-問21

Page Top

© 2011-2019 過去問.com