Home > 労働衛生 > H29後期-問13

H29後期-問13

照明などの視環境に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:前方から明かりをとるとき、眼と光源を結ぶ線と視線が作る角度は、45°程度としている。

2:作業室全体の照度は、作業面の局部照明による照度の5分の1程度になるようにしている。

3:1カンデラ(cd)の光源から10m離れた所でその光に垂直な単位面積の面が受ける明るさを1ルクス(lx)という。

4:部屋の彩色として、目の高さ以下の壁面は、まぶしさを防ぎ安定感を出すために濁色を用い、目より上方の壁や天井は、照明効果を良くするため明るい色を用いるとよい。

5:室内の彩色で、明度を高くすると光の反射率が高くなることから照度を上げる効果があるが、彩度を高くしすぎると交感神経の緊張を招き、長時間にわたる場合は疲労が生じやすい。

答:3

1:正しい。前方から明かりを取るときは、眼と光源を結ぶ線と視線とで作る角度が、30°以上になるようにする。

2:正しい。作業室全体の照度は、作業面の局部照明による照度の10分の1以上になるようにする。

3:誤り。1カンデラ(cd)の光源から1m離れた所でその光に垂直な単位面積の面が受ける明るさを1ルクス(lx)という。

4:正しい。部屋の彩色として、目の高さ以下の壁面は、まぶしさを防ぎ安定感を出すために濁色を用い、目より上方の壁や天井は、照明効果を良くするため明るい色を用いるとよい。

5:正しい。室内の彩色で、明度を高くすると光の反射率が高くなることから照度を上げる効果があるが、彩度を高くしすぎると交感神経の緊張を招き、長時間にわたる場合は疲労が生じやすい。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生 > H29後期-問13

Page Top

© 2011-2019 過去問.com