Home > 労働生理 > H29前期-問29

H29前期-問29

ストレスに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:個人の能力や感性に適合しないストレッサーは、心理的には不安、焦燥感、抑うつ感などを、身体的には疲労を生じることがある。

2:典型的なストレス反応として、副腎皮質ホルモンの分泌の著しい減少がある。

3:ストレスにより、発汗、手足の震えなど自律神経系の障害が生じることがある。

4:ストレスにより、高血圧症、狭心症、十二指腸潰瘍などの疾患が生じることがある。

5:昇進、転勤、配置替えなどがストレスの原因となることがある。

答:2

1:正しい。個人の能力や感性に適合しないストレッサーは、心理的には不安、焦燥感、抑うつ感などを、身体的には疲労を生じることがある。

2:誤り。典型的なストレス反応として、副腎皮質ホルモンの分泌の著しい増加がある。

3:正しい。ストレスにより、発汗、手足の震えなど自律神経系の障害が生じることがある。

4:正しい。ストレスにより、高血圧症、狭心症、十二指腸潰瘍などの疾患が生じることがある。

5:正しい。昇進、転勤、配置替えなどがストレスの原因となることがある。

スポンサーリンク

Home > 労働生理 > H29前期-問29

Page Top

© 2011-2019 過去問.com