Home > 関係法令 > H28後期-問5

H28後期-問5

労働時間の状況等が一定の要件に該当する労働者に対して、法令により実施することが義務付けられている医師による面接指導に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:面接指導の対象となる労働者の要件は、原則として、休憩時間を除き1週40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1か月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められることである。

2:面接指導は、労働時間の状況等が一定の要件に該当する労働者の申出により行われる。

3:医師は、対象となる労働者の面接指導を行うに当たり、勤務の状況、疲労の蓄積の状況の他、心身の状況について確認を行う。

4:事業者は、面接指導の結果に基づき、労働者の健康を保持するため必要な措置について、面接指導が行われた後、遅滞なく、医師の意見を聴かなければならない。

5:面接指導を行う医師として事業者が指定することのできる医師は、当該事業場の産業医に限られる。

答:5

1:正しい。面接指導の対象となる労働者の要件は、原則として、休憩時間を除き1週40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1か月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められることである。

2:正しい。面接指導は、労働時間の状況等が一定の要件に該当する労働者の申出により行われる。

3:正しい。医師は、対象となる労働者の面接指導を行うに当たり、勤務の状況、疲労の蓄積の状況の他、心身の状況について確認を行う。

4:正しい。事業者は、面接指導の結果に基づき、労働者の健康を保持するため必要な措置について、面接指導が行われた後、遅滞なく、医師の意見を聴かなければならない。

5:誤り。面接指導を行う医師として事業者が指定することのできる医師は、当該事業場の産業医に限られない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H28後期-問5

Page Top

© 2011-2019 過去問.com