Home > 労働生理 > H28前期-問29

H28前期-問29

筋肉に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:筋肉は、神経から送られてくる刺激によって収縮するが、神経に比べて疲労しやすい。

2:筋収縮には、グリコーゲン、りん酸化合物などのエネルギー源が必要で、特に、直接のエネルギーはATPの加水分解によってまかなわれる。

3:筋肉中のグリコーゲンは、筋肉の収縮時に酸素が不足していると、水と二酸化炭素にまで分解されず乳酸になる。

4:荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉が長さを変えずに外力に抵抗して筋力を発生させる等尺性収縮が生じている。

5:運動することによって筋肉が太くなることを筋肉の活動性肥大という。

答:4

1:正しい。筋肉は、神経から送られてくる刺激によって収縮するが、神経に比べて疲労しやすい。

2:正しい。筋収縮には、グリコーゲン、りん酸化合物などのエネルギー源が必要で、特に、直接のエネルギーはATPの加水分解によってまかなわれる。

3:正しい。筋肉中のグリコーゲンは、筋肉の収縮時に酸素が不足していると、水と二酸化炭素にまで分解されず乳酸になる。

4:誤り。荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉が長さを変える等張性収縮が生じている。

5:正しい。運動することによって筋肉が太くなることを筋肉の活動性肥大という。

スポンサーリンク

Home > 労働生理 > H28前期-問29

Page Top

© 2011-2019 過去問.com