Home > 労働衛生 > H28前期-問12

H28前期-問12

次のAからDの温熱指標について、乾球温度と湿球温度のみで求められるものの組合せは、1~5のうちどれか。

A 相対湿度

B 実効温度

C 不快指数

D WBGT

1:A、B

2:A、C

3:B、C

4:B、D

5:C、D

答:2

A 正しい。相対湿度とは、その温度における飽和水蒸気量に対するその時の空気中の水蒸気量の比率をいい、乾湿温度計で測定された数値から求めることができる。

B 誤り。実効温度は、気温、湿度および気流(風速)から温度感覚を表したものであり、感覚温度ともいわれる。

C 正しい。不快指数は、蒸し暑さを表し、乾湿温度計で測定された数値から求めることができる。

D 誤り。WBGTは、乾球温度、湿球温度、黒球温度から求められる指標で、高温環境の評価に用いられる。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生 > H28前期-問12

Page Top

© 2011-2019 過去問.com