Home > 労働生理 > H27後期-問24

H27後期-問24

脂肪の分解・吸収及び脂質の代謝に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:胆汁は、アルカリ性で、消化酵素は含まないが、食物中の脂肪を乳化させ、脂肪分解の働きを助ける。

2:脂肪は、膵臓から分泌される消化酵素である膵アミラーゼにより脂肪酸とグリセリンに分解され、小腸の繊毛から吸収される。

3:肝臓は、コレステロールとリン脂質を合成し、また、余剰の蛋白質と糖質を中性脂肪に変換する。

4:コレステロールやリン脂質は、細胞膜の成分となる。

5:脂質は、糖質や蛋白質に比べて多くのATPを産生するエネルギー源となるが、摂取量が多すぎると肥満の原因となる。

答:2

1:正しい。胆汁は、アルカリ性で、消化酵素は含まないが、食物中の脂肪を乳化させ、脂肪分解の働きを助ける。

2:誤り。脂肪は、膵臓から分泌される消化酵素であるリパーゼにより脂肪酸とグリセリンに分解され、小腸の繊毛から吸収される。

3:正しい。肝臓は、コレステロールとリン脂質を合成し、また、余剰の蛋白質と糖質を中性脂肪に変換する。

4:正しい。コレステロールやリン脂質は、細胞膜の成分となる。

5:正しい。脂質は、糖質や蛋白質に比べて多くのATPを産生するエネルギー源となるが、摂取量が多すぎると肥満の原因となる。

スポンサーリンク

Home > 労働生理 > H27後期-問24

Page Top

© 2011-2019 過去問.com