Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H30後期-問25

H30後期-問25

燃料の分析及び性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には元素分析が、気体燃料には成分分析が用いられる。

2:燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃え始める最低の温度を、着火温度という。

3:発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。

4:高発熱量は、水蒸気の顕熱を含んだ発熱量で、真発熱量ともいう。

5:高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

答:4

1:正しい。組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には元素分析が、気体燃料には成分分析が用いられる。

2:正しい。燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃え始める最低の温度を、着火温度という。

3:正しい。発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。

4:誤り。高発熱量は、水蒸気の潜熱を含んだ発熱量で、総発熱量ともいう。

5:正しい。高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H30後期-問25

Page Top

© 2011-2019 過去問.com