Home > 関係法令(31~40) > H30前期-問38

H30前期-問38

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の定期自主検査について、法令に定められていないものは次のうちどれか。

1:定期自主検査は、1か月をこえる期間使用しない場合を除き、1か月以内ごとに1回、定期に、行わなければならない。

2:定期自主検査は、大きく分けて、「ボイラー本体」、「灰処理装置」、「自動制御装置」及び「附属装置及び附属品」の4項目について行わなければならない。

3:「自動制御装置」の電気配線については、端子の異常の有無について点検しなければならない。

4:「附属装置及び附属品」の給水装置については、損傷の有無及び作動の状態について点検しなければならない。

5:定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを3年間保存しなければならない。

答:2

1:正しい。定期自主検査は、1か月をこえる期間使用しない場合を除き、1か月以内ごとに1回、定期に、行わなければならない。

2:誤り。定期自主検査は、大きく分けて、「ボイラー本体」、「燃焼装置」、「自動制御装置」及び「附属装置及び附属品」の4項目について行わなければならない。

3:正しい。「自動制御装置」の電気配線については、端子の異常の有無について点検しなければならない。

4:正しい。「附属装置及び附属品」の給水装置については、損傷の有無及び作動の状態について点検しなければならない。

5:正しい。定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを3年間保存しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(31~40) > H30前期-問38

Page Top

© 2011-2019 過去問.com