Home > 関係法令(31~40) > H30前期-問37

H30前期-問37

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品の管理のため行わなければならない事項として、法令に定める内容と異なっているものは次のうちどれか。

1:圧力計の目もりには、ボイラーの最高使用圧力を示す位置に、見やすい表示をすること。

2:蒸気ボイラーの常用水位は、ガラス水面計又はこれに接近した位置に、現在水位と比較することができるように表示すること。

3:圧力計は、使用中その機能を害するような振動を受けることがないようにし、かつ、その内部が100℃以上の温度にならない措置を講ずること。

4:燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。

5:温水ボイラーの返り管については、凍結しないように保温その他の措置を講ずること。

答:3

1:正しい。圧力計の目もりには、ボイラーの最高使用圧力を示す位置に、見やすい表示をすること。

2:正しい。蒸気ボイラーの常用水位は、ガラス水面計又はこれに接近した位置に、現在水位と比較することができるように表示すること。

3:誤り。圧力計は、使用中その機能を害するような振動を受けることがないようにし、かつ、その内部が凍結し、又は80℃以上の温度にならない措置を講ずること。

4:正しい。燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。

5:正しい。温水ボイラーの返り管については、凍結しないように保温その他の措置を講ずること。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(31~40) > H30前期-問37

Page Top

© 2011-2019 過去問.com