Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H30前期-問12

H30前期-問12

ボイラーの燃焼安全装置の燃料油用遮断弁(直動式電磁弁)の遮断機構の故障の原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃料中の異物が弁へかみ込んでいる。

2:弁棒に曲がりが生じている。

3:電磁コイルの絶縁性能が低下している。

4:ばねが折損している。

5:バイメタルが損傷している。

答:5

1:正しい。異物の弁へのかみ込みは、遮断機構の故障の原因となる。

2:正しい。弁棒の曲がりは、遮断機構の故障の原因となる。

3:正しい。電磁コイルの絶縁性能低下は、遮断機構の故障の原因となる。

4:正しい。ばねの折損は、遮断機構の故障の原因となる。

5:誤り。燃料油用遮断弁(直動式電磁弁)にバイメタルは使用されていない。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H30前期-問12

Page Top

© 2011-2019 過去問.com