Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H29後期-問23

H29後期-問23

石炭について、誤っているものは次のうちどれか。

1:石炭に含まれる固定炭素は、石炭化度の進んだものほど少なく、揮発分が放出された後に「おき」として残る。

2:石炭に含まれる揮発分は、石炭化度の進んだものほど少ない。

3:石炭に含まれる灰分が多くなると、燃焼に悪影響を及ぼす。

4:石炭の燃料比は、石炭化度の進んだものほど大きい。

5:石炭の単位質量当たりの発熱量は、一般に石炭化度の進んだものほど大きい。

答:1

1:誤り。石炭に含まれる固定炭素は、石炭化度の進んだものほど多く、揮発分が放出された後に「おき」として残る。

2:正しい。石炭に含まれる揮発分は、石炭化度の進んだものほど少ない。

3:正しい。石炭に含まれる灰分が多くなると、燃焼に悪影響を及ぼす。

4:正しい。石炭の燃料比は、石炭化度の進んだものほど大きい。

5:正しい。石炭の単位質量当たりの発熱量は、一般に石炭化度の進んだものほど大きい。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H29後期-問23

Page Top

© 2011-2019 過去問.com